豪ドル/米ドル(成功談) | 東京市場のオープン時、前日の下降トレンドに引き続き大陰線が出たので、エントリー。無事利確

投資概要

投資商品

カテゴリー FX(豪ドル)
投資商品 豪ドル/米ドル
投資期間 2021年9月 ~ 2121年9月
投資手法 スキャルピング
レバレッジ 10倍
投資元本 1,000,000円

投資家情報

ニックネーム ピカード艦長
性別 男性
投資時の年齢 56歳
投資時の職業 専業投資家
投資時の投資レベル 上級者

投資結果

投資額(元本) 1,000,000円
確定利益額 10,500円
投資結果 1,010,500円

投資体験談

投資した背景

本日は豪ドル/米ドルのリアルタイムトレードの様子をお伝えします。

豪ドル/米ドルは昨日終わりから東京市場がオープンするまで下降トレンドを形成していました。

東京市場が9:00に開くと大陰線にてさらに下げの勢いを加速させましたので9:05に豪ドルを売りでエントリーしました。
(下記関連画像の左図の中を丸で囲んである赤下矢印。それ以外の赤と青の塗りつぶし矢印はQQEというインジケータにて矢印方向への勢いが増したところでのサイン表示となります。サインは目安程度に活用しています)

1LOT(10万通貨)で100万円の証拠金に対して10倍のレバレッジとなります。

逆指値(ストップロス)は直近高値の+13PIPSのところに置き、許容損失は約13000円を覚悟します。

目標利益は下記関連画像左図②の昨日の目立つ安値が丁度+13PIPSくらいのところにありますので、ここを狙おうと思いますが、左図①のところにも少し目立つ安値があるため、第一目標を①としてここまでいったら半分決済して②を狙う作戦としました。

関連画像

AUDUSD5分足チャート

AUDUSD5分足チャート

成功した理由

9:40に上記関連画像左図①の第一目標に到達したため、半分決済し約2500円を利益確保しました。(上記関連画像の中央図親指印)
残り半分は左図②を目指し継続保有します。

また、逆指値は少し下げて中央図ピンク線のところ(建値から+7PIPS)にずらします。
気持ち的には建値にずらして、リスクフリーにしたいところですが、現在価格と建値が5PIPSくらいしか離れていないのですぐに逆指値に引っ掛かりそうでしので、+7PIPSの中央図ピンク線の位置としました。

しばらくもみ合うじれったい動きとなりましたが、決済目標まで我慢して13:45に左図②に到達したため全決済をしました。(少し下方向への勢いがあったので足が確定するまで待って決済しました)
+16PIPSで約8000円の利益となり、前半の利益と合わせると約2500円+約8000円で約10500円の利益となりました。

今回は、流れに逆らわずに決めた目標までじっくりと待って決済したことが利益を得た要因と思います。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました