豪ドル/米ドル(失敗談) | 往復ビンタのトレードになってしまった!トレンド形成をしっかりと確認すべきだった

投資概要

投資商品

カテゴリー FX(豪ドル)
投資商品 豪ドル/米ドル
投資期間 2021年9月
投資手法 スキャルピング
レバレッジ 10倍
投資元本 1,000,000円

投資家情報

ニックネーム ピカード艦長
性別 男性
投資時の年齢 56歳
投資時の職業 専業投資家
投資時の投資レベル 上級者

投資結果

投資額(元本) 1,000,000円
確定損失額 -18,000円
投資結果 982,000円

投資体験談

投資した背景

本日は午前中に行った豪ドル/米ドルの2連発損失トレードの様子をお伝えします。

前日終盤からは下降トレンドでしたが、9:00に東京市場がオープンすると一気に上昇に転じて大きめの陽線が出ました。

直前まで下降トレンドだったことから、もう1本足が確定するのを見ていましたが、ここでも大きい陽線が出ましたので、トレンドが上昇に反転したのだと判断して9:10に豪ドル買いで1LOT(10万通貨)エントリーしました。(下記関連画像左図赤い上矢印)

証拠金100万円に対して10倍のレバレッジとなります。
逆指値(ストップロス)は直近安値の-10PIPSのところに入れて約10000円の損失を許容しました。

残念なことにその後ほとんど含み益となることなく下降し、10:05に逆指値にかかり-10000円の損失となりました。

かなり下降の勢いが強かったこともあり、さらに下降する可能性を考え2本ほど足を観察し下降の勢いが強かったので10:15に豪ドル売りで1LOTエントリーしました。(下記関連画像の右図赤い下矢印)

逆指値(ストップロス)は直近高値の+8PIPSのところにおき8000円の損失を許容しました。(右図右側のピンク線)

その後こちらも読みがはずれて、上昇に転じで11:13に逆指値にかかり、約-8000円の損失となりました。

最初の取引と合わせて今日は約-18000円の損失となりました。

関連画像

AUDUSD5分足チャート

AUDUSD5分足チャート

失敗した理由

本日往復ビンタとなった損失の要因は、2回目の売りエントリーの際、もう少しはっきりとした安値切り下げを確認するなど下降トレンド形成の確認が甘かったからだと考えています。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました