ユーロ/フラン(成功談) | 今回は勝てたものの、FXを始めて5年経ったが、平静な状態で勝ち負けを繰り返しながら長期的なプラスを形成することがなかなか出来ない

投資概要

投資商品

カテゴリー FX(ユーロ)
投資商品 ユーロ/フラン
投資期間 2021年9月 ~ 2021年10月
投資手法 デイトレード
レバレッジ 100倍
投資元本 10,457円

投資家情報

ニックネーム めめも
性別 男性
投資時の年齢 48歳
投資時の投資レベル 中級者

投資結果

投資額(元本) 10,457円
確定利益額 6,436円
投資結果 16,893円

投資体験談

投資した背景

▼日足4時間足共に上昇否定があり、相関性のあるポンドル、ポンド円、ポンドフランも下げていた
┠2021/09/24~2021/10/01
┠通貨ペア:ユーロフランEURCHF
┠元本:14,000円
┠トレード回数:27回(ロング7回、ショート20回)
┠15勝12敗
┠勝率:55.56%
┠獲得損益:+6436円
┠平均利益:9.3pips
┠平均損失:-6.7pips
┗総ロット:1.24(1lot:10万通貨)
 ┠0.01(3勝4敗)-3円
 ┠0.02(1敗)-135円
 ┠0.04(2勝3敗)+276円
 ┠0.05(6勝3敗)+653
 ┗0.1(4勝1敗)+5645円

2021年9/24から10/01 ユーロフランで27回トレードして6436円プラスでした。元の口座残高が1万円程度なので十分な成績に見えます。

私がFXをやる理由は、海外口座特有の強制ロスカット規定によりローリスクハイリターンが見込めるからです。強制ロスカットがあることで価格が想定外に逆行した場合でも、国内FX会社のような追証がなく口座残高を限度としたトレードが出来きます。

今回勝てた要因としては一度大きく下落した後の戻りを狙った一時的な上昇が取れたからです。27回の最後5回のトレードでロットを上げたロングをほぼ同値付近から5回エントリーし、それで大きくプラスになりました。当初は、ショートだけやろうと思っていたのですが、成績に満足出来ず、自分を抑えることが出来ずにロットを上げロングにしました。

オーダーブックサイトでも買い注文の指値集中がありましたし、下落勢いも弱いチャートを形成し、市場もニューヨーク市場開始のタイミングで値動きの復活が見込めるところでエントリーしたことです。勢いよく少し上昇したあとに動きが遅くなったところで利確しました。相場はその後さらに下落したので良いところで利確が出来ていました。

成功した理由

問題は27回もトレードしてどれ1つとして自分が納得いくトレードは出来ていないことでした。振り返ると納得出来るエントリータイミングは1回ありましたが、その時は自信がありませんでした。プラス要因になったトレードも本来は下目線だったのを短期的に上がるだろうという過去検証もしていない思い込みトレードがたまたま取れたものです。さらにロットも上げていました。

理想は平静な状態で勝ち負けを繰り返しながら長期的なプラスを形成することです。
トレードを勉強しだして5年間。ほとんど勝てなかったトレードが少し勝てるようになってきましたが、連敗している時、含み損を抱えている時、含み益があるとき、どんな時にも心の揺れを感じます。

最近読んでいる本で目標に当たる当たらない以前に矢を放つまでの型を守れないならやらないほうが良い。という言葉がありました。目指すのは型を守り矢が自ら飛んでいく状態。目標に当たる当たらないことは重要ではない。FXもエントリー後は矢のように当たるか外れるかは誰も分からない。大事なことは自分がエントリーするまでの型、流れ、過程、工程を自然に平静に遂行できるよう精進することだと猛省しました。

まぐれの利益よりも次にどう改善するか反省出来たことに価値があると思いたいです。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました