豪ドル/カナダドル(失敗談) | エントリーパターン外でのエントリー。自信が持てず、また、今後の再現性もないため損切り

投資概要

投資商品

カテゴリー FX(豪ドル)
投資商品 豪ドル/カナダドル
投資期間 2021年10月
投資手法 スキャルピング
レバレッジ 25倍
投資元本 17,650円

投資家情報

ニックネーム めめも
性別 男性
投資時の年齢 48歳
投資時の投資レベル 中級者

投資結果

投資額(元本) 17,650円
確定損失額 -65円
投資結果 17,585円

投資体験談

投資した背景

先月からの日足下降トレンドが親波に対して下落余地があと僅かながら残っており最後の下落可能性があったから。
週足レベルでは見方によればさらなる下落可能性もあったから。
4時間足では日足節目ラインに接して包み足にて上昇否定していたから。

一方で懸念材料もありました。

それは日足親波にて目立つ下降トレンドの鈍化があったことで、最後の僅かな下落をせず現状の日足とダブルボトムで反転上昇が想定できました。週足SMAとEMAはゴールデンクロス状態だったこと。16時のエントリーでしたが21時半には米雇用統計を控えていたこと。自分のエントリーパターン外だったことです。

エントリーには懸念材料も踏まえ損切り位置を通常より1つ上の高値にしさらにロットも損切り額1000円に対して4千通貨張れるところを半分の2千通貨でエントリーしました。

関連画像

MT4の15分足エントリーポイントとエントリー時設置の損切りライン及び分割損切りしたポイント

MT4の15分足エントリーポイントとエントリー時設置の損切りライン及び分割損切りしたポイント

失敗した理由

エントリー後には散歩をしてチャートから離れたものの、そもそものエントリーパターン外のエントリーをしたことへのモヤモヤが募りこのまま雇用統計まで保有するか迷い出しました。

仮に雇用統計きっかけで下げるとしてもエントリーパターン外のトレードなので長期的な再現性や目標とするトレードとは違うトレードになります。ならば結果に関わらず決済しよう。そう思ったにも関わらず半分決済してやっぱり様子を見ようとしました。

数分後に全決済しましたが、ここでも気持ちの揺れがありました。小額決済ですが気持ちの揺れはとてもストレスで損切り後はチャートから離れました。

結果的に雇用統計で上下強振後に下落しました。
飛び乗りエントリーするのではなくその後の戻りを待てば雇用統計後の値動きからエントリーできる形になっていました。いくつか悪いクセがありますがそれが出ました。

エントリー時のミスを訂正するため損切りとしたことは評価できると思いますが、まだ待てる余地があったにも関わらず気持ちの整理ができずチャートから離れエントリーを逃してしまいました。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました