日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド(成功談) | +50万円の利益!株式市場の安定時は、日本株より外国株メインの方がパフォーマンスが高い傾向

投資概要

投資商品

カテゴリー 投資信託(バランス型)
投資商品 日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド
投資期間 2014年7月 ~ 2021年6月
投資元本 1,000,000円

投資家情報

ニックネーム チョコレート
性別 女性
投資時の年齢 41歳 ~ 48歳
投資時の職業 主婦
投資時の投資レベル 中級者

投資結果

投資額(元本) 1,000,000円
確定利益額 500,000円
投資結果 1,500,000円

投資体験談

投資した背景

2014年100万円で購入しました。(基準価格が10080円位の時に購入)

購入当時、日本株相場も堅調でしたが、アメリカなどの海外の景気や株式相場は日本以上に堅調でした。こちらの投信は、外国株メインの投資信託だったので日本株以上のパフォーマンスが、期待できるのではないかと思い購入しました。

また、日本と海外の金利差もあったので円高になりにくいのではないかと思い、為替の影響を受けるヘッジ無しを選びました。

購入後、購入単価を下回ることは殆どなく推移してきました。

2021年のここ1年ほどは、海外の相場が上昇しても単価の上昇は少し前より抑えられてしまっている様な気がしたので、一旦売却をし利益を確定しました。(売却時の基準価格15200円位、配当は無し)

成功した理由

世界的に景気や株式市場が安定している時は、日本株より外国株メインの投資をした方がパフォーマンスが高い傾向にあると思います。

もし、同じタイミングで日本株投信を購入していてもパフォーマンスは、良かったと思いますが、今回は、投資先を海外に選んでいたのでパフォーマンスが日本株投信より良かったのかもしれません。

また、株、債券、コモディティからなるバランスファンドだったので、下落相場でも柔軟に運用が出来ていたのではないかと思います。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました