日経ダブルインバース(失敗談) | 24万円の損失!投機を狙いすぎた投資になってしまったが、早期に損切りが出来ずに損失が膨らんでしまった

投資概要

投資商品

カテゴリー 投資信託(国内株式型)
投資商品 日経ダブルインバース
投資期間 2017年4月 ~ 2021年10月
投資手法 スイングトレード
投資元本 300,000円

投資家情報

ニックネーム 平野
性別 男性
投資時の年齢 29歳 ~ 33歳
投資時の職業 サラリーマン
投資時の投資レベル 中級者

投資結果

投資額(元本) 300,000円
確定損失額 -243,000円
投資結果 57,000円

投資体験談

投資した背景

今後の日経平均株価の下落を予想し『日経ダブルインバース』を300,000円分購入したが、2017年からは株価が上昇し続けた。サンクコスト効果(*)が働いて、早期に損切できなかったことが大きな損失をした原因。(購入価格2,030円、損切時389円)

(*)サンクコスト効果とは、すでに支払ったコストに気をとられ、合理的な判断ができなくなってしまう心理効果

失敗した理由

当時は北朝鮮情勢が緊迫化していた。当時のアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏が、北朝鮮にさらなる制裁を行うと発言があった。制裁が強化されると北朝鮮を支援している中国と、アメリカが対立し地政学リスクが上昇すると考え株価が下落すると思い、「日経ダブルインバース」を購入。

しかし、一時的には日経平均株価は下落したものの、4月思考は地政学リスクが後退し日経平均株価は上昇。2021年まで塩漬けしていたが、耐え切れずに売却した。

今回の投資の最大の失敗要因は、投機を狙いすぎた投資になってしまったためです。それと過去にダブルインバースで儲けがでたので、安易な考えになっていました。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました