養老保険(成功談) | 47万円の利益!亡き母の贈り物。30年満期の養老保険を通じて、長期投資の基礎ができた

投資概要

投資商品

カテゴリー その他
投資商品 養老保険
投資期間 1993年10月 ~ 2023年10月
投資元本 534,000円

投資家情報

ニックネーム 父カッパ
性別 男性
投資時の年齢 16歳 ~ 46歳
投資時の職業 学生
投資時の投資レベル 初心者

投資結果

投資額(元本) 534,000円
確定利益額 466,000円
投資結果 1,000,000円

投資体験談

投資した背景

私が高校生の時、母から「お小遣いとお年玉から2万円くらい貯金しなさい」と指示を受けました。
当時はしぶしぶながら、言う事を受け入れ貯金しましたが、そのお金を養老保険の掛け金にするとの事でした。(高校から大学生のうちは、年2万円はきつかったですね)

母は農協(現JA共済)の出身で、昔ながらの資産形成を考えていたようです。
「かならず役に立つ時が来るから」と母親は言っていました。

その後、1年過ぎたころに病気に臥し、母はそのまま亡くなりました。
大学を卒業し、社会人になり、結婚し子どもが育ち、もうすぐ高校生になります。
そんな中、30年続けた養老保険が2年後に満期を迎えることになりました。
満期での受取額は100万円。(満期額は契約当初に決定しています。)

正確には、30年間、17,800円を毎年30積み立てていた為、総積立額は534,000円で、結局利益466,000円。
娘が大学進学する際に、本当に役に立ちそうです。

成功した理由

単純に積立額より多い満期受取金を得た、というよりも、少額でもよいので長期間積み立てるという、長期投資のスタンスを亡き母は教えてくれたと思います。

私も娘に、同じように教えることが出来るかな・・・。母の贈り物を感じることが出来ました。

タイトルとURLをコピーしました