中古マンション(成功談) | 3年間で150万円の収益!ローンを使わず手持ち現金だけで、立地と管理の良い物件に投資できた

投資概要

投資商品

カテゴリー 不動産(区分マンション投資)
投資商品 中古マンション
投資期間 2018年4月 ~ 2021年5月
投資元本 10,500,000円

投資家情報

ニックネーム さくら
性別 女性
投資時の年齢 48歳 ~ 51歳
投資時の職業 サラリーマン
投資時の投資レベル 初心者

投資結果

投資額(元本) 10,500,000円
確定利益額 1,500,000円
投資結果 12,000,000円

投資体験談

投資した背景

子育てしながら、扶養内でパートの仕事して、コツコツ貯金するのがささやかな楽しみだった。最初のうちは投資意欲なんかない。暇つぶしに不動産検索するのが好きで、引っ越しの予定もないのに、賃貸物件みたり売買物件みたり、妄想にふけっていた。

14年の月日が流れ、貯金がついに1,000万円に届きそうになった。ちょっと頑張れば小さな不動産買えちゃいそう。懇意にしている不動産屋さんに相談すると「お楽しみ程度の投資なら、ローンは組まないで、ワンルームマンションで確実にお小遣いを稼いだら?」と手堅いアドバイス。

貯金をこのまま銀行に眠らせておいても、増える訳じゃないし、思い切って全額、不動産に突っ込んでみようか。不動産投資の場合、居住中の物件を狙うので、内見はできない。部屋を見ずに、購入を決めるのは、初心者にはなかなか勇気がいる。

予算1000万円で、古くても新耐震基準を満たし、タイル張りで綺麗に管理されていて、管理費の負担も少なめ、人気エリアという条件。ほどなく大好きな東横線沿線に手頃な物件が見つかった。

学芸大学駅から徒歩15分、築31年のワンルームマンション(14.5平米)。決断を急がないと、いい物件の逃げ足は速い。不動産はナマモノなんだとか。

あとは一か八かの賭け。刺激のある毎日を送るためにも、投資のリスクとスリルを覚悟のうえ「買います」と言った。

成功した理由

不動産投資で心配なのは空室になった時と売却の時。古くても綺麗に管理されていて、立地がよい物件に巡り合えたことが大きな勝因となった。
月々の家賃は65000円、コストは管理費修繕費10050円、管理外注3575円の合計13425円であった。

結果的に、一度も空室にならなかったし、売却に困ることもなかった。

そして、ローンを使わずに手持ち現金だけで投資したことで、ローン金利もなく、安全で確実な利益を生み出した。仮に空室であっても、ローンの返済にあえぐことはない。売却時もローンの残債を気にする必要はない。

最終的には、+50万円の1100万円で売却できた。(ただし、売買の際の仲介手数料等を含めるとマイナス)

家賃収入等の全ての収益、および、月々の管理費等のコストを勘案すると、ざっくり3年間で150万円程度の利益になった。

最後に、今回成功した要因は、信頼できる不動産屋さんのおかげである。古い物件は買った時と同じ価格で売れたら御の字と聞いていたが、不動産市場が好調で、なんと、買った時より高く売れた。多少の無理はしないと不動産は買えないけど、無茶をしないことが大事と教えてくれた。

タイトルとURLをコピーしました