スターバックス株(成功談) | 経営体制の変更により自社株化されたため、株価よりも高値で売却できた

投資概要

投資商品

カテゴリー 株(日本株)
投資商品 スターバックス
投資期間 2008年 ~ 2015年3月
投資手法 長期トレード
投資元本 36,000円

投資家情報

ニックネーム chillco
性別 女性
投資時の年齢 32歳 ~ 38歳
投資時の職業 サラリーマン
投資時の投資レベル 初心者

投資結果

投資額(元本) 36,000円
確定利益額 180,000円
投資結果 216,000円

投資体験談

投資した背景

株主優待生活でよくテレビに出演されてる将棋の桐谷さんが株主優待について、よくお話されていたので株に興味を持つようになりました。
何か投資をしてみたいと思ってはいましたが、株は100万円単位でないと買えないものだと思っていました。

桐谷広人さんのお話を聞いてから少額投資もできるのだと知り、1株(36,000円)だけ買ってみることにしました。

具体的には、最初はテレビ番組「月曜から夜ふかし」他で桐谷広人さんの株主優待生活が特集されていたのを拝見したのがきっかけです。
その後、株の情報誌、「ダイヤモンドZAi」やネットの記事のインタビューなどを読み、証券会社主催の桐谷広人さんの講演会にも行き、お話を聞きました。

配当はスターバックスで使えるドリンク・チケット3枚と年に1回300円~500円くらいの配当金があり、多い時は1000円を超えるの配当があった時もありました。
何と言っても優待のドリンク・チケットが嬉しかったです。

成功した理由

株主優待目当てに購入したので、売る気はなかったのですが、スターバックス側の経営方針の変更により一旦自社株にしたいということで、売らざるを得ない状況になり手放しました。

具体的には、2015年3月にスターバックスが一旦非上場になる、そのタイミングで売却しています。1株36000円で購入後、株が分割されて持ち株1株から100株になり1株180円、180000円での売却となりました。
当時の株価を調べてみたところ、1460円~1465円だったのですが、私が売却して手にした金額は180,000円台ですので、実際の株価よりもちょっぴり上乗せされて売却することができました。

自社株にしたいという話が来るまで売らずに放置していたのですが、スターバックスの会社自体が大きくなるにつれ、持ち株の数が分割されたり単位が変わるなど
様々なことがあって、少額で始めたにも関わらず、大きく変わってくれたのは初心者の私には嬉しかったですし、いい経験になりました。

今はまたスタバ株も投資できるようになったようなので、また買ってもいいかなと思っています。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました